【MIRAI GOLF ShinagawaGrindアイアン】TRACKMAN(トラックマン)でNEW IRONS初テスト。クラブの調整でボクが大事にしてること。

SNSフォローボタン

青山のクールクラブスでTRACKMAN(トラックマン)を使ってshinagawa grindの初テスト!ボールはproV1x。

 

というのも、クラブを組むときにはあまり細かい注文はせずに組んでもらっていて、あとは打ちながら使いながら自分の使いやすいクラブに仕上げていくからですね。このまま使うという事はまず考えられません。

今回スペックで注文したのは、

  • 長さ
  • シャフトの種類
  • スイングウェイト
  • グリップの種類

くらいでしたかね。ヘッドの重さの精度はもちろん高いので、ほとんど細かい注文はしてません。

各番手3-4球ずつ(あまりたくさん打つと疲れちゃうんで。。)を打って、サーっとデータを取ってみました。

あまりたくさん打たないホントの理由は、

そのクラブでイイ球を打とうと無意識になってしまうから。

それじゃ意味ないんです。あくまで、『クラブを自分にどう合わせていくか』のためにやってるので。

で、僕のクラブの大まかな基準は、

8番アイアンで150ヤードのキャリー。それを基準に2番手で25ヤードのギャップを出していくこと。なので4番で200とPWで125くらいのキャリーが目安ですね。

なので、最新の飛ぶって言われるクラブをもし手に入れたとしても、距離は変えないようにクラブを調整します。

その基準から換算して、今回のデータを見てみると、

PWは7-8ヤード、他の番手は5ヤードくらいキャリーが足りていません。

理由を考えてみると、

  • 若干クラブの長さを短く作ってある
  • バックスピン量がロングアイアンでも多目

あたりと判断。で、菅野さんに電話。

クラブの長さが短いのは、ボクの伝えミス笑。

スピン量が多目なのは、フェースに施してある4層メッキの効果だということ。確かに打感はメチャメチャやわらかい。この、バックスピン量がミドルアイアンより長い番手でも多いのは、ボクのゲームにはかなり嬉しいですね。

で、長さを1/4インチくらい長くしてみようかという事になり、またそのうちお願いすることに。

どう調整してどう変化が出たかは、またここでも書いてみます。自分の備忘録代わりに笑。

楽しみだなぁ〜^ ^。

【shinagawa grind】に関する記事はコチラ。

4層メッキのShinagawa Grindに5層メッキのニューウェッジ。打感が最高。【MIRAI GOLF】のアドバイザリースタッフに。

美人すぎて思わずキスだよ笑。MIRAI GOLF   マッスルバック【Shinagawa Grind】

【MIRAI GOLF ShinagawaGrindアイアン】TRACKMAN(トラックマン)でNEW IRONS初テスト。クラブの調整でボクが大事にしてること。

【MIRAI GOLF ShinagawaGrindアイアン】シャフトを1/4インチ長くして、再テスト。