TAYLORMADEのニューモデル『R15』ドライバー、カチャカチャしながらテストしてみた。@tmagjapan

SNSフォローボタン

GEN-TENでもお世話になっているTAYLORMADE社のニューモデル『R15』。

青山のクールクラブスで試打させてもらいましたー。

特徴は、ソールにあるスライド出来るウェイトが2個になったこと。
よりビミョーな調整が可能になったってことだね。

今回はこのウェイト、
1、両端に1つずつ。
/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/8a5/64241928/files/2015/01/img_2381.jpg
2、中央に2つ集める。
/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/8a5/64241928/files/2015/01/img_2382.jpg

の2パターンに絞ってテスト。
だってほら、細かく調整しても、ね、良く分からなくなっちゃうから。

パターとかだと、周辺に重量を配分してインパクトのヘッドの挙動を安定させようとかありますよね。
ドライバーでも似たような感じになるんだろうと両端に配分したのをテストしてみたかったんです。

でも、結論は、ボクは2が好き。
打感も1に比べて柔らかく(感じた)。
スピン量が低く安定してた。
シャフトさえ合わせれば打点がそこまで狂わないだろうから。

なので、
ヘッドの安定感よりも、芯食ったら飛ぶ
を重視したら2の方が好きだったんですね。

ちなみに、
1は、
/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/8a5/64241928/files/2015/01/img_2385.jpg
2は、
/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/8a5/64241928/files/2015/01/img_2384.jpg

ま、どちらも、1番良かったショットのものですが笑。

それにしても、2の方がLAND ANGLE(落ち際の角度)が浅くてトータルの距離も平均して10ヤードくらい出てたかな。

1の方は、
打点が安定しない
スピンが少なくてドロップ気味にキャリーが出ない
固めの打感が好き
みたいな方には合うかな?
2の方はそれぞれ逆。

今回テストしたヘッドは、米国モデルのようで、色は黒?濃いグレー?でしたね。
米国では白とこの黒いモデル両方のようです。
日本では白のモデルだけのようですねー。

クールクラブスでは黒ヘッドでGEN-TENのクラブチェックアップでは白ヘッドを、それぞれ是非テストしてみてくださいね笑。