【短い軽い柔らかい】でこんなにカンタン。新しい規格のクラブを試しています。

SNSフォローボタン

以前、こんな記事を書きました。

【ゴルフクラブの、『道具』としての進化って何なんだろう】

そんなこんなを、いつもお世話になっている工房のチップゴルフの安達社長とずっと話したりテストしたりしていて、ついに出来上がりました。

SWと5番アイアンで1.25インチ差。

そう、長さの差が少ないアイアンセット。

これまでの8番アイアンと、このセットの6番が同じくらいの長さになっています。

短かったらカンタンな気がしませんか?

ボールに近く立てるし。短い番手なら誰だってそんなにミスヒットもしませんよね。

ブライソン・デシャンボーのようなワンレングスとまでは行かないまでも、アイアン全体の長さがあまり差がないこのセット、何回も試打してますが長いクラブでも非常に安心です。

今回は、MIRAI GOLFのMK-08を使って組んでもらいました。

バッグに入っていると、長さの差が少ないのがわかりやすいですね。番手を間違えないようにしないとww

長い番手が短くなると、飛ばなくなるのでは?などの疑問ももちろん湧くのですが、そこは安達社長と何回も何回もテストを繰り返してきました。

【参考リンク】

チップゴルフさんのブログから

ドライバーの短尺化を受けて短いアイアン考察!三浦技研CB-1008

ドライバーの短尺化を受けて短いアイアン考察!その2/三浦技研CB-2007

そして、短くするにあたって選んだシャフトは、NS-PROの【Zeros7 R2】。

めちゃ柔らかいです、R2。現時点で、普通に購入できるスチールシャフトで一番軽くて一番柔らかいスペックのものを使用です。

この辺のアッセンブルの仕掛けは安達社長もかなり詰めてて、非常に打ちやすく仕上げてもらえました。もう50セットくらいお客さんにもフィッティング&納品をしているらしいのでノウハウはばっちりですね。

PWからだいたい15ヤードピッチになるように、これからロフトやライ角などの調整もしていきますが、今のところの想定は、

PW 50度 115ヤード

9番 45度 130ヤード

8番 40度 145ヤード

7番 35度 160ヤード

6番 30度 175ヤード

5番 25度 190ヤード

くらいを一応想定して調整予定です。

まー、でも、5番アイアンで190ヤードを打とうとするよりも、UTを入れたほうが距離も出しやすいし安心感があるかもなとも思っていますが。その辺はまた今後考えながらやっていきたいですね。

近い将来は、

ウッド1本、フェアウェイウッド1本、UT1本、アイアンは5-PWもしくは6-PW、SW、PTの10本か11本でプレーできたら、バッグも軽いしクラブ選択で悩まないしw、良いんじゃないかなーとも思ったりしています。

300ヤードも飛ばすプレーヤーならともかく、ボクみたいに260-270ヤードのプレーヤーなら14本もいらないんじゃないかとw ボクがドライバーの飛距離が220ヤードくらいだったらクラブは7本くらいで事足りるんじゃないかと思ってます。14本使っていいって言われちゃうから、ついたくさん入れちゃってコースで悩んじゃうんですよねw

ドライバーやウッドも現在いろいろと思案しながら試打したりしていますが、現時点で落ち着きそうなところは、42インチくらいです。シャフトもかなり柔らかいし軽いです。一般的な女性向けのスペックよりも軽く柔らかいですね。長さも、42インチだと一般的な女性向けのものよりも短い?ですかね。

一般的な女性向けのドライバーとの比較1。み、短い。

一般的な女性向けのドライバーとの比較2。

試打してみたデータはコチラ。

キャリー257ヤードの、トータル277ヤード。

と、まあ、今までの【長い重い固い】と比べても、遜色ないどころか同じくらいの飛距離が出ているならラクに振れるほうが疲れないしゴルフも楽しいかなと。

こういうスペックのクラブで練習すると学べるものも多く、レッスンでも効果を実感してもらってることが多い今日このごろ。

どんなことをレッスンでお話しているかは、またコレ以降の記事で〜〜〜。