【スポンサーサイト】



【Japan Golf Fair 2017】行ってきました。見てきたものまとめ。

SNSフォローボタン

☆feedlyやRSSでのフォローはコチラから^^。

先日、横浜のパシフィコ横浜で行われていた【Japan Golf Fair 2017】。


これまでの東京ビッグサイトの時と比べると、あまりどでかいブースもなく通路がゆったりとしていて歩きやすかった印象。派手なブースがたくさんあるとそれはそれで盛り上がってる感はありますが見て回るにはちょっと??だったので個人的にはグッドでしたね。

プレ男(プレメン)レッスンでお世話になるゴルフネットワークさんもブースを出されていました。

色々と見て回ったのですが、特にじっくり見させてもらったのは3つ。


【SWING CATALYST】

これは、スイング画像&重心移動の様子&クラブの動きや球筋の数字などなどを全部ひとまとめに管理できるソフト。

基本的にはスイングを撮影して保存しておくものだけど、弾道計測器や重心移動のわかるプレートなどを別途もってるコーチにとっては、すべてのデータをひとまとめにしておけるので非常に便利。

しかも、弾道計測器のデータで例えば、『スピン量が3000回転以下だったやつ』とか、『230ヤード以上の飛距離だったやつ』とかで検索できちゃう。これって、今まではできそうでできなかったんですよね。

これはものすごい便利だな〜と思って見てきちゃいました。

TRACKMAN,FLIGHT SCOPE,GC2,GC QUADはサポートしてるって言ってたかな?最近は廉価で色々な弾道計測器も出ていますが、このあたりのメジャーな機種だけでもサポートしていれば十分ですよね。SWING CATALYSTはヨーロッパのメーカーなんで、『ボクはGC2ユーザーです』って言ったら、『TRACKMANじゃないのかw』なんてジョーク言われましたがw

セールスマネージャーのTimさんと。『ありがとう』しか日本語は話せなかったwまー、しゃーないですわね。


【FORESIGHT SPORTS】

そう、GC2のメーカーです。今回5年ぶりに新機種【GC QUAD】が発表されたんで、しっかり見てきました。

これまでは、GC2はボールデータでHMTでクラブのデータと分かれていたのが、一つの機種で両方ともカバーできるようになってました。しかも液晶が見やすくなってたしー。いいなー。

だいぶ見やすい液晶に。無線がbluetoothに加えてwifiも使えるようになってましたね。

この白い棒をおくと、向きのズレを6°までは自動で補正するみたい。

で、横方向の補正に加えて、高さ(傾斜)の補正も。左足下がりや左足上がりの斜面でもちゃんと補正するようです。これでコースでも随分使いやすくなりましたね。バッテリーもリチウムイオンのバッテリーになって(しかも取り外し可)、軽くもなったし電池持ちも向上したようです。なんだったら高度計もついているみたいでしたwこれで、標高1000メートルのところにいっても、通常気圧の場合の距離もわかりますよ(そんな機会なかなかなさそうですが、って言われましたがw)

TRACKMANやFLIGHT SCOPEのようなレーダー式ではない、カメラ式の計測器では間違いなく一番だとおもうGC2が性能もポータビリティーもかなりアップしたGC QUAD。

かなりオススメですね。こういうのを持ち歩くコーチが増えるといいな。

日本の代理店の田中代表と。GC2を導入した5年前からずっとお世話になっています^^


【MIRAI GOLF】


2015年からアドバイザースタッフとしてお世話になっているMIRAI GOLFさん。

今回は新しいドライバーとアイアンが出展されてました。




ソールのトウ側とヒール側にそれぞれ数字が入ってるの見えますか?これがその箇所のバンス角なんですね。シブいなーーー!

まだこの新作は打ってないのですが、打ったらまたレポートします。

あ、ドライバーの写真を撮るのを忘れてたよ。。。

しかも、社長と専務とも撮り忘れた。。。社長はあまり会えないので撮りたかったのにぃ。。

【GOLF&WORKS.comについて】


IMG_0827

【GOLF&WORKS.comについて]
2006年よりゴルフレッスンを開催する室屋修一が主宰するブログ。

[くわしいプロフィール]



☆記事を気に入っていただけたら、SNSでのシェアなども是非お願いします^^。

  • Evernoteに保存Evernoteに保存

☆feedlyやRSSでのフォローはコチラから^^。