【スポンサーサイト】



【軽い】のは、重量だけじゃなくてバランスもですよー。

SNSフォローボタン

【短い】【やわらかい】と書いてきたわけですが、今回は【軽い】。
コレも意外に、スイング作りに役立ちます。

そう、今回の【短い軽いやわらかい】クラブは、バランス(スイングウェイト)もむちゃくちゃ軽いです。
数値にしたら、BバランスとかCバランスとか。
クラブに詳しい人ならわかると思います、この意味。

重量だけでなくバランス(スイングウェイト)も軽いこのクラブのメリットはいくつかありますが、スイング作りに一番メリットがあるのはコレではないでしょうか。

【軽い】と、手元の意識がしやすくなる

そう、これです。手元の意識。
手元の意識なんていうと、【手打ち】みたいなワードがアタマに浮かぶ方も多いと思います。
でもね、クラブを持っている手元の意識がなくてナニをコントロールできましょうか。

手元のナニを意識しやすいか。

これ、特に以下の2つが主なポイントですね。

  • グリップエンドの動き(特に切返し以降)
  • 手元のスピード

まあ、この2つが意識しやすくコントロールできる感覚を身につければたいがい十分じゃないでしょうか。
上手になっていくにつれて、ゴルフはどんどん球筋のコントロールが必要になるわけですが、上の2つをコントロールできるようになっていけばいくほど、球筋も操れる感覚が増すでしょう。

手元のスピードが上がればもちろんヘッドスピードも上げやすく、グリップエンドの動きがコントロールできてくれば当て方もコントロールできるようになりボールスピードもコントロールできるようになります。

(参考リンク)
ドライバーを短く軽く柔らかくして飛距離アップに成功!
(ゴルフマニア手帳)

これは、ヘッドスピードが上がっただけじゃないんです。
当て方が良くなって、ヘッドスピードが余すことなくボールに伝えられて、ボールスピードも上がって来た結果なんですね。
ヘッドスピードをコントロール、ということは、上げるだけじゃなくて落とすこともコントロールできるようになっていくわけですね。距離感のコントロールにも役立ってきますよーー。

まとめ

長くて重くてかたいクラブにスイングの邪魔をされなくなってくると、自分のしたい動きがよりスムーズにできるようになってきます。
特に、どんどんスピードが加速する切返し以降では、かなり違いがわかってくると思いますよ。

※【短い軽いやわらかい】ショートピッチレングスのクラブ、興味のある方はぜひコチラまで。
チップゴルフさん
http://blog.chip-golf.com/