自分に合うシャフトって?  Fujikura FUEL試打

SNSフォローボタン
久しぶりに、打ったことの無いシャフトを先日打てる機会がありました。
FujikuraのFUEL
低スピンの中低弾道が出やすいモデルのようでしたね~。
ヘッドは、テーラーメイドのR1。
ロフトは10度くらいで試したのですが、
上がらん上がらん笑。。
確かにスピン量は2000回転くらいを切っていて低スピン。
ヘッドの特性も手伝って(?)、低弾道の低スピンの短キャリー笑。
トラックマンで測ったら、着地の角度が20度前後の、
ゴロゴロボールです。
キャリー230のトータル285、みたいな。
これは合わないね、が結論でした。
振っててどんな感覚って、
撓るタイミングが切り返しで合わなくて、
いつボールに当たるのかがうまく掴めない感じでしたね、僕には。
僕の切返しって、
自分でタメを作って、シャフトにも撓らせる、みたいな
欲張りなスウィングなんで笑、
なかなか撓りださない感じがしちゃうと全く当たる気配無しなんですよね。
ただ、このシャフトに合わせるためにスウィングを変える気は全くないんで、
また機会をみて色々なシャフトを打ってみたいですね~