ゴルフコーチ業界ってこんな風にもなっていくかも。

SNSフォローボタン

ヘアライター増田ゆみさんのブログにあったこの記事。

増田ゆみさんのブログからスクリーンショット

『2014年 美容業界大予測』

18項目にわたって色々と予測されています。

よく、ゴルフコーチと美容師さんやパーソナルトレーナーさんなんかは比較というか似たような仕事の仕方みたいなことを言われたりもします。

どこかの会社に入って修行しながらそのうち独立、みたいな。
僕もそうですが。
2006年に星野豪史さんの54GOLF CLINICさんに入り、
2008年には当時は広尾にあったゴルフサンクチュアリ広尾(現在は六本木のようですね)
でチーフを努め、今にいたる、みたいな。
僕なんかは典型ですね笑。。

増田さんの記事を読んでいると、
18項目のうち、
8)F3(50才以上の女性)向けの美容商品・メニューが増える
10)「ゆるやかな面貸しサロン」が増える
12)英語対応サロン&ホームページが増える
あたりは特に、僕もしくは自分でレッスンをしているコーチの方も直面する問題難じゃないかと。

面貸し、っていうのは、裏を返すと、コーチが一人もしくは何人か集まってスタジオを作り、
自分でもレッスンに使いながら、他のコーチもお客さんと時間を合わせて集まりレッスンを行い、レッスンフィからスタジオの使用料を支払うとかねそんなのも面白いと思っています。
都内に3カ所くらいあれば、色んな地区のお客様とレッスンを楽しめるでしょう。
今やスローな動画をきれいに撮れるデジカメや、クラブの軌道がスマートフォンの画面に出せるデバイスも沢山でてますからね。
それらを使って、しっかり解説できてレベルアップのお手伝いを出来るコーチは、もうほとんど場所を選ばずにレッスンができると思うんですけどね。

練習場なんかでは、まだまだ外部のコーチにレッスンさせていただけない所もたまにありますが、
そのような事を言ってられない状況になるのは時間の問題でしょうしね。

スイング理論も、今はそんなのネットで十分に勉強できる世の中ですしね、今は。
アマチュアの熱心な方だってよく調べていて、感心するくらいホントによくご存知なお客さんも沢山いらっしゃいます。
TRACKMANや僕の所有しているGC2にHMTのような、数字ででてくるデバイスが主流になってくると、スイング理論をしっかりと数字に照らし合わせても説明できていくコーチが増えてくるだろうなー。

コーチもコーチで、どうせ独立するんですから笑。
どこか探せば、もういらっしゃるかもしれませんね。
こんな事やっているコーチの方、考え方が合いそうなんで、なんか一緒に面白い事しませんか笑?

ゴルフコーチとお客さんがもっと気軽にゴルフの話をしたりレッスン活動ができたりってなっていくと、面白くなりそうなんだけどな〜。
話が長くなりそうなんで、今回はこの辺で笑。