寺田寅彦 『物理学と感覚』

SNSフォローボタン
【世界の人間が絶滅しても天然の事象はそのままに存在すると仮定する。】
ゴルフスウィングでおきることを言葉にあらわすのっていつも勉強が必要だなぁと思っていて、最近、物理の話を色々と読み返してみようと思っているところに出会ったこの本。
kindleでぽちっと。
しかも0円!
寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年(明治11年)11月28日 – 1935年(昭和10年)12月31日)は、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子、牛頓(“ニュートン”)、藪柑子(“やぶこうじ”)の筆名もある。高知県出身(出生地は東京市)。
~wikipediaから引用~
明治時代の方なんですね。
一番印象的だったところは、
【各人が自分の感覚を頼って互いに矛盾した事を主張し合っている間は普遍的すなわち誰にも通用のできる事実は成り立たぬ、すなわち科学は成り立ち得ぬのである。】
そして
【物質界に関する普遍的な知識を成立させるには第一に吾人の直接の感覚すなわち主観的の標準をいったん放棄して自分以外の物質界自身に標準を移す必要がある】
このあたりですかね~。
なんだかどこかの業界みたいで、読みながら思わず笑ってしまいました笑。
これが、1917(大正6)年の文献だっていうのがスゴイなと。
これもパッと一度流し読みしてしまったので、もうちょっとじっくり読んでみたい一冊でした~。