どうやって球に届く?【手打ち】について考えてみる③。

SNSフォローボタン

【手打ち】とセットでよく話に出るのが、 『タメ』、ですね。
そこで、こんなビデオを撮ってみました。

どちらのビデオとも、手首に出来たタメをキープしながら、
『等速で』インパクト付近まで。

『等速で』っていうのがキーになると思います。

これ、見てもらうと分かるんですが、
タメをずっとキープしようとしながらスイングを進めていった結果、
両方とも『ボールに届いていない』んですね。

以前、スローモーションでボールに当てる素振り(?)みたいな練習方法がありましたが、
あの練習は、このビデオのことが何となくでも理解ができている人じゃないと、
『球に当てに』いくことを練習してしまってるような気がしますね。
気をつけましょう。
誰でもやって良い練習ではなさそうです。

このような素振りでは球に届かない(当たらない)のに、
実際のスイングでは当たる。
ここで分かる【手打ち】の原因は、
・クラブがどのように球に届いていくかをイメージできていない

から、途中までタメがキープできていても、結果、形が崩れて当たってしまうんですね。

このビデオの素振り、ぜひ試してみて何か感覚を得てみてくださいね~