『book』って言ったら『本屋』(笑)?

SNSフォローボタン

一万円札の福沢諭吉と五千円札の新渡戸稲造の2人が、同じタイトルで。
『教育の目的』。
まずは新渡戸稲造ver.からのんびり読み進めていこうかな。
Kindleは、本を読むのはモチロン、最近は色んなメルマガも受信できるようになってホントに便利!
携帯で読んでて、メールや電話がきたりすると一気に読む気なくすしね。
ま、そもそも『電話』なんで仕方がないんですが(笑)^^;
電子書籍ってe-bookなんていうけど、
昔は、
mail=手紙
e-mail=電子メール
だったのが今じゃメールって言ったら電子メールの事をだいたい指すようになったね。
このまま行くと、
bookって言ったら電子書籍の事を指すようになるのかな。
しかも、オンラインで色んな本を買えたりもするわけだから、きっとそのうちbookは、『本屋』とか言う意味に変わるんでしょうね(笑)?
『amazon』だって、
語源はギリシャ語の「乳房の無い」ってところから
→アマゾン川の事を指す言葉ですけど、
→現代で『amazon』って言ったら、まあ、頭に浮かぶのはネットショップの『amazon』だよ、って人が増えていくでしょうからね(笑)
言葉の意味なんて変わってくって事ですね。しかも、どんどん変わるスピードが早くなりそう。
10年もしないうちに、おじいちゃんとお孫さんで「bookの意味は本じゃ!」「違うよ、bookは本屋だよ!」なんて事になるんでしょうかね^ ^
『CAR』って言ったら、宙を浮いてるかもしれないしね(笑)
100年後も、『GOLF』はゴルフなのかな?
さ、くだらないこと言ってないで読みますよ〜