ゴルフコーチの使い方?。

SNSフォローボタン

久しぶりにTさんのレッスン。
久しぶり、と言っても、はじめからTさんとは月に一度のレッスンという流れでやっていくのが決まっているので。
Tさんに来てもらうと、お、もう一ヶ月だ、って感じに(笑)

20140227-221852.jpg

Tさんの目的は、
『練習には行かないけど、コースでは楽しくプレー』すること。
イイですね、ゴルフの目的がクリアで^ ^

こうやって書くと、Tさんがあまりゴルフ好きじゃないみたいに見えるけど、
海外のツアーをCSで観たり、クラブを自分の好きなカスタマイズをしたり、どちらかというとゴルフ好きですね(笑)
シャフトのSteelFiberだって、日本に正規に入るかなり前から、自分で調べて入手してリシャフトしてました。
凝り性ですよね^ ^

今回もまたGC2とHMTで、自分がどの向きでボールに対して構えて打つとターゲットに対してボールを打ち出しやすいか。

練習に行かないので、スイングのパーツを変えていくことは、初めてレッスンに来てもらった2012年の6月から一度もしてませんね。
なので、スイングのベースは殆ど変更してないですね。

ドライバーでターゲットに対してスクエアに構えて打ってもらうと、
1度くらいのダウンブロー。
2度くらいのアウトサイドイン。
フェイス向きは2度クローズ〜3度オープンくらいの間。
打点はややヒール側に集中ですかね。
あたりかな。
これはほぼ毎回おなじです。
で、基本的には僕もTさんも、これを変えていくつもりは今のところありません。
このスイングのまま楽しくプレーするには、だけがテーマですね^ ^

そこまで普段ゴルフの事を考える時間や練習に行く時間が取れないTさんはこの方法がベターでしょう。
何もスイングを変えるだけがゴルフコーチの仕事ではありませんしね^ ^
Tさんはこの方法で一年半、もちろん不調の時はありましたが、5ラウンド毎くらいの平均スコアはやや上がってきました^ ^

今年中にはもう2ストロークぐらいは上げられそうですね。
まずは春のシーズンで様子を見ましょう( ´ ▽ ` )ノ