堀江貴文さんの提言^ ^

SNSフォローボタン

ALBA.netさんで、堀江貴文さんがこんな提言をされていました。

『【日本ゴルフへホリエモンの提言】日本だけで商売をしようとするからいけない』
いや、ホントその通りだと思いますよ。

http://www.alba.co.jp/tour/gvoice/voice/49

ボクも今年の初めにこんな記事を書いていますが、
まあ、堀江さんが言うように合併とはいかないまでも、スケジュールを調整して、アジアを中心にもっと色々な国の選手が日本ツアーでプレーするようになったらイイのになって思ってます。

堀江さんの提言の中には放映権などのちょっと小難しい事も書いてありますが、それもするべきでしょうね。
悪しき習慣?は早いとこ断ち切って、というか、何十年レベルで続いてるだろうことなんで、ホントまだ?という感じですが。。。

あとはボクが面白いんじゃないかなと思うのは、
高校生くらいのジュニアゴルファー数人〜数十人に、ボランティアで試合の中継をTwitterでしてもらうこと。

SIMフリーのスマートフォンとデータ通信用のSIMカードがあれば簡単に出来る事ですし。

例えばメリットは、
・試合の経過を楽しみにしてるファンに、伝える手段を増やす。
テレビを観られないファンだってリアルタイムで知りたいと思うんですよね〜。

・ジュニア世代の子達に対する、ITリテラシーの教育の一環
ITをうまく使う、って、ある程度責任ある立場で使わないとなかなか緊張感を持って使えないと思うし。
日本中世界中に発信されている責任感を感じながら目前のトッププロのプレー過程をtweetする、なんて、とても光栄な事だろうし、ゴルフファンの為になってる!とも思えるだろうし。

・140文字で伝えようと思ったら、どんな書き方が字数が少なく効率よく伝えられるか考えながら出来る。
例えば、セカンドショット→2nd とかね。
日本語って英語より難しいと思うし、人によっては英語で分かりやすくtweetする子がいたりしても面白いかも(笑)。

何か失敗があれば、オトナが責任を多少持ってあげればイイと思うし、『高校生のジュニアゴルファーがゴルフファンの為にがんばって中継tweetします、見守ってやってください^ ^』みたいな前振りをしてあげれば、温かい目で見てくれる事もあるだろうし^ ^

ジュニアゴルファー達にとっても、プロゴルフ界のプレー以外の部分とか知れて、貴重な体験になると思うんですけどね〜^ ^

ズラズラ書いてしまって、支離滅裂な文章になっていないか不安ですが^^;
何か他にもボチボチ思いつきますが、今日はこの辺で^^;