『頭のカタイ』コーチになるための笑、、、5か条。

SNSフォローボタン

友人がFacebookでいいね!してた投稿が興味深かったので、読んでちょっと考えてみた。

荒木博行さん
『頭のカタイ人』の5つの特徴
http://mba.globis.ac.jp/blog/online-staff/908.html

要点は、

1)どんなときにも通用すると思っている「オレ流」「ワタシ流」ロジックがある 

2)そのロジックの根拠は「自分の過去の経験」のみである

3)新しい理論や定石に出会った時、ケチをつけることに全精力を注ぐ

4)表面的な「謙遜の言葉」だけで会話が終わる

5)勉強に対して資金や時間を投資していない

のようです。
いやー、その通りだと思います。

特に1,2の項目は、ゴルフコーチが陥りやすい状態ですね。

・客観的な根拠が無いもしくは不十分な状態で『これやったら上手くいきますよ』って言ってやらせちゃう。

・で、その根拠が、
『自分がやってうまくいったから』
。。。
で、そういう人に限って、

『自分がやってうまくいかなかった方法』
を勧めない。。。

それって、『目の前のお客さんの事をちゃんと見てないので、何が合いそうか合わなそうかをちゃんと判断できていないから、自分がうまくいった方法しか提案できない。せっかく、これまでの経験の中で色々と試してきているのにもったいない。

・むしろ、
『この方法は、◯◯な理由でボクには合わなかったけど、□□さんには△△な理由で合うと思いますよ、やってみませんか?』
みたいな提案も出来るような懐の広いコーチになりたいなー、と常に思います。

余談ですが、
タイガーのコーチになるには何が必要なんだろ?って、レッスンの仕事を始めた頃に真剣に考えた事があります笑。
今でもたまに考えるけど。
日本語のコーチくらいにはなれるかな?ってのが結論ですが笑。。