【inGOLF】チップゴルフさんのフィッティングをレッスンでも活用。何かグリーンに止まらない?こういうスペック変更もイイですよね。

SNSフォローボタン

Hさん。

レッスンを受け始められた目的としては、

  • インパクトの精度を上げる
  • ドライバーの飛距離UP

辺りでした。

アイアンショットでは、ハンドファーストのコントロールも出来始めて、ヘッドスピードも上がりながらインパクトの誤差も減ってきました。

が、距離は出るがボールが強く出るようになり、 止まりにくくなってきてました。

そこで、ボールが止まりにくくなって考えた案は、

  • ボールを変えてみる
  • クラブのロフトなどを調整してみる
  • etc..

元々使っていたモデルは、ステンレス製のヘッドで、ロフトもやや立ち気味のストロングロフトでカーボンシャフト。

で、チップゴルフさんに相談していてチョイスされたのはコチラ。

三浦技研のCB2007。(7番〜PW)

シャフトはN.S.PROのzelos7のR。

CB2007は、Hさんが元々使用していたクラブよりもロフトがやや多くてボールも上がりやすいようです。

zelos7は、しっかり撓る軽量スチールですね。女子プロの使用率も高いモデルのようですね。ボクも打たせてもらいましたが、カーボンシャフトのような、撓ってしっかり戻る感覚のあるスチールシャフトでした。

今回のフィッティングでは、しっかりボールが止まるアイアンを作るのがコンセプトだったようで、実際のキャリーは元々使用していたクラブよりも数ヤード落ちていましたが、ランがしっかり減って、目的を達成できていましたね。

所属クラブの月例も間近に控えてましたが、ボクは新しいアイアンでプレーする事を勧めました。キャリーした所にきっちり止まるアイアンで、精度の上がってきたショットをきっちりスコアに結びつけてきてもらいたいですね。

チップゴルフさん、レッスンでの要望にきっちり応えたフィッティング、ありがとうございました。

【GOLF&WORKS.comについて】


IMG_0827

【GOLF&WORKS.comについて]
2006年よりゴルフレッスンを開催する室屋修一が主宰するブログ。

[くわしいプロフィール]