【inGOLF】チップゴルフさんのフィッティングを活用Vol.2 ドライバーの長さを見極めるポイント。

SNSフォローボタン

Hさん、69歳。

クラブは長い方が飛ぶのか?

H/Sは40弱。ボールスピードは57-58。このスピードをHS41-42平均でボールスピードは60-62平均にしたいという事で、チップゴルフの安達店長のご紹介でレッスンに来られました。

安達さんのフィッティングしたアイアンやフェアウェイウッドを打ってもらうと、スイングも滑らかでリズムも良い、ただ、Hさんの一番チカラが出せるポジションでボールを打ててないなと判断して、スイングパターンをあまり変えなくても済むようにセットアップにやや変更してドライバーを打ってもらったところ、1球目でH/S41のボールスピード62。達成笑。その後も同じような数値を連発してましたね^ ^。次の目標はH/S42-43、ボールスピード61-63あたりを平均で出せるように。

ただこのドライバー、Hさん自作で46インチのクラブを47.25インチまで伸ばしたモノ(スゴい!)。

Hさんは競技にも積極的に参加する方で、ちょっと強く振る事もあるけど、これまでの長いドライバーだと、大きな曲がりに繋がる事もあったようですね。
そんな話を伺い、競技で自信を持って強く振れる限界の長さを超えてるかもとHさんに確認して、安達さんに相談してやや短め(といっても45-45.5インチですが)のドライバーを準備してもらい。

1本は、ややシャフトの撓り戻りが強いタイプ(A)。で、もう1本は、スプーンにフィッティングしてもらったシャフトと同モデルのモノ(B)。

両方とも、今までより軽く振り切れるので、スイングの思い切り度合いを下げても同じようなH/Sやボールスピードが出せてました。で、タイミングの合いやすそうだったBの方でドライバーを作るのを考える方向で練習を進める事になりました。

ボクも昔(2007年辺りかな?)、長尺だぁ〜!と47インチのドライバーを作ってもらっていましたが、Hさん自分で継ぎ足して作るなんて、スゴいですね。頭が下がります。

ただ最近はシャフトの進化ってスゴくて、あまり長くしなくてもボールを飛ばしてくれるものが増えましたね。

スイングの感じはイイのにもう少し飛んでくれたら嬉しいな〜、なんで方は、しっかりクラフトマンに相談して話を聞いてもらうとキッカケが掴めるかもですね^ ^!

Hさん、70歳で250ヤード!安達さんと一緒にお手伝いしますよ^ ^!ありがとうございました^ ^。