【軽い】のは、重量だけじゃなくてバランスもですよー。

【短い】【やわらかい】と書いてきたわけですが、今回は【軽い】。
コレも意外に、スイング作りに役立ちます。

そう、今回の【短い軽いやわらかい】クラブは、バランス(スイングウェイト)もむちゃくちゃ軽いです。
数値にしたら、BバランスとかCバランスとか。
クラブに詳しい人ならわかると思います、この意味。

重量だけでなくバランス(スイングウェイト)も軽いこのクラブのメリットはいくつかありますが、スイング作りに一番メリットがあるのはコレではないでしょうか。

 

【軽い】と、手元の意識がしやすくなる

そう、これです。手元の意識。
手元の意識なんていうと、【手打ち】みたいなワードがアタマに浮かぶ方も多いと思います。
でもね、クラブを持っている手元の意識がなくてナニをコントロールできましょうか。

 

手元のナニを意識しやすいか。

これ、特に以下の2つが主なポイントですね。

  • グリップエンドの動き(特に切返し以降)
  • 手元のスピード

まあ、この2つが意識しやすくコントロールできる感覚を身につければたいがい十分じゃないでしょうか。
上手になっていくにつれて、ゴルフはどんどん球筋のコントロールが必要になるわけですが、上の2つをコントロールできるようになっていけばいくほど、球筋も操れる感覚が増すでしょう。

手元のスピードが上がればもちろんヘッドスピードも上げやすく、グリップエンドの動きがコントロールできてくれば当て方もコントロールできるようになりボールスピードもコントロールできるようになります。

(参考リンク)
ドライバーを短く軽く柔らかくして飛距離アップに成功!
(ゴルフマニア手帳)

これは、ヘッドスピードが上がっただけじゃないんです。
当て方が良くなって、ヘッドスピードが余すことなくボールに伝えられて、ボールスピードも上がって来た結果なんですね。
ヘッドスピードをコントロール、ということは、上げるだけじゃなくて落とすこともコントロールできるようになっていくわけですね。距離感のコントロールにも役立ってきますよーー。

 

まとめ

長くて重くてかたいクラブにスイングの邪魔をされなくなってくると、自分のしたい動きがよりスムーズにできるようになってきます。
特に、どんどんスピードが加速する切返し以降では、かなり違いがわかってくると思いますよ。

※【短い軽いやわらかい】ショートピッチレングスのクラブ、興味のある方はぜひコチラまで。
チップゴルフさん
http://blog.chip-golf.com/

【プレメンレッスン】放送開始日決定^^。アナタはどんな風に気楽にゴルフを楽しみたいですか?

さーて、しつこいくらいこのブログでも書いている

ゴルフネットワーク【プレメン(プレ男)レッスン 〜室屋修一メソッド〜】

ですが、5月の放送予定日がやっとこさ番組表に載ってきました。

プレメン(プレ男)レッスン番組表

いやー、コレに載るまでは、本当に放送されるんだろうかと内心ヒヤヒヤだったりしたんですが、ひと安心。が、放送されたらされたで、『ハハハ、室屋のやつ、こんなに緊張してるよw』ってな感じで緊張ヅラが晒されるヒヤヒヤもw まー、いまさら言っても遅いんで、緊張度プレミアムな感じで放送されたらそれはそれで面白い、なんて諦めてますw

さて、緊張ヅラを晒す注目の初回の放送日は

2017年5月1日(月)23:30-23:45!

から始まり、

5月中に24回の放送。

全4回の番組が6回繰り返されるって感じですね。

6月に入っても、他の有名コーチの番組の間を縫いながらしれーっと再放送される感じになっていくんだと思います。来月から再放送されなかったらシュンとしちゃうね。

 

ゴルフネットワーク【プレメン(プレ男)レッスン】の視聴方法は

CS放送だけでなく、スマートフォンアプリなどでも視聴可能です。

ご覧頂いて気に入ってもらえたら、ラウンドの当日の朝でもササッと観てもらえるので、うまく活用してもらえてら嬉しいです、はい。ラウンドでこんなこと考えたらうまくいきそうですよ的な内容も、何回目かにあった、はず。

iOS版のアプリはコチラ

android版のアプリはコチラ

番組の内容は、、、

もちろん全ては書けないのですが、

このブログでも再三書いている、【短い、軽い、やわらかい】クラブを使った構成になっています。

ただね、ボクはクラブを売る人ではないのであまりクラブにフューチャーした内容ではなく、こういったクラブを使ってこんなこと考えてゴルフしたらもっと気楽になると思いませんか?ってな感じでお話させてもらってます。

『H/S46m/sくらいのボクが女性用のようなスペックでこんな感じで気楽にゴルフを楽しんでます。』的な内容だと思ってもらえたらと。

撮影にご協力いただいた大西さんのブログにも書いてもらっています。

(関連リンク)

「プレ男レッスン~室屋修一メソッド~」の放送開始日決定!

まー、ずらずらと書きましたが、

新しい規格のクラブに興味ある方も、そんな道具を使ってどんな感じに気楽にゴルフするのかに興味ある方も、プレミアムな緊張ヅラに興味ある方も 、ぜひぜひご覧になってください、よろしくお願いいたします。

ボクも楽しみにしてまーす。

シャフトが【やわらかい】と、リキみにくかったりスイングにも良い影響が出やすいですね。

前回の記事は、短いクラブについての概要やメリットでした。

今回は、【やわらかい】。

ただ今回は、先に注意点を1つ。

もちろん短いクラブにもたくさんメリットがあるのですが、今使っているクラブをただ単純に短くカットして使うと、ただシャフトが硬くなって終わってしまう場合があります。

なので、短いクラブを作ってみようと思っている方々は、ぜひ柔らかいシャフトにリシャフトをした上で長さを短く作ってもらうことを強くお勧めします。

例えば今回チョイスしているのは、【NS PRO Zeros7 R2】。現時点で市販されているシャフトでは、一番軽くて一番やわらかいスペックのもの。

それでは本題の、柔らかいクラブのメリット。

まずは前回同様、メリットをざっと並べてみます。

●クラブヘッドが「遅れてくる」感覚が掴みやすい

●切り返しでしなりが感じやすい

●シャフトを自分で一生懸命しならせようとする必要がないのでりきまない

●りきむことが少なくなってくるので、自分のテンポに集中してスイングしやすい

●アプローチのような短いスイングでもしなりを感じやすい

etc..

ここまでまたざっと並べてみました。

そう、りきみって、やはり【飛ばしたい】とか【曲げたくない】とか、いつもより強い意識でクラブをコントロールしようとすときに起きやすいんだと思うんですね。そうするとシャフトが固いと必要以上に力を加えようとしてしまうことが多いんじゃないかと。

☆スイングのテンポに関しては、こんな記事も書いています。

(参考リンク)

『あ!ハヤクナッチャッテマスネ』『ハヤクナッチャウンダヨナー』ってどういうことなんだろうか。

 

上の4つは、読んでもらえるとだいぶイメージが湧くのではないかと思っています。

が、

短いショットでもスピンにはヘッドスピードが必要

これはだんだんゴルフが上手になってくると、バンカーショット等でスピンをかけたいなぁと思うショットが増えてきますね。

スピンを多くかけたい時に必要になって来るのはヘッドスピード。

ですが単純にヘッドスピードを上げようとしてだんだんスイングが大きくなってしまう傾向にある人もいます。

そういう人が、この柔らかいシャフトを使ってアプローチをしてみると、短いスイングでもシャフトがしなる感じがつかめるのでヘッドスピードも上げやすく、最終的にスピンがボールにかかる感覚もつかみやすくなってきます。

この辺はですね、レッスンをこのクラブでやっていると非常に感覚をつかんでもらいやすくて嬉しいあります。

同様に、バンカーショットでボールをどうしても出したいのでスイングが大振りになってしまいやすい人もいますが、そういう傾向のある人にも小さなスイングでもヘッドが走ってボールをバンカーから出していく感覚が掴みやすいと思います。

いかがでしょう、「短い軽い柔らかい」の「短い」と「柔らかい」について書いてみましたが、興味は湧いてきたでしょうか?

次回は、「軽い」についてまた色々と書いていきます。


【短い軽いやわらかい】の【短い】について書いた記事はコチラ

クラブが【短い】と、こんなにカンタンで安心感たっぷり。


 

クラブが【短い】と、こんなにカンタンで安心感たっぷり。

今回は、短いクラブのメリット

先日のブログで紹介した短い軽い柔らかいアイアンセットですが、今回は【短い】クラブの概要とメリットについて簡単に書いていきたいと思います。

(参考記事)

【短い軽い柔らかい】でこんなにカンタン。新しい規格のクラブを試しています。

短いってどのぐらい短いの?

今回作ってもらったアイアンではこれまでに使っていた8番アイアンの長さが6番の長さになっています。
番手事の長さのピッチが、通常は1/2インチですがこのセットは1/4インチずつになっています。
なので、先ほど書いたように通常の8番アイアンと今回の6番アイアンが同じ長さになりました。

シャフトカットの工程。1/4インチずつになっています。

写真は、『MIRAI GOLF Bus-Base』のFacebookページより。

MIRAI GOLF 菅野さんのコメント↓

2月25日、土曜日。
午前中のパーツ入荷と共に開始した作業が、やっと終わりました(T▽T)。
今回は弊社ミライゴルフ・アドバイザースタッフ「室屋 修一プロ」からの依頼で…ちょっと特殊なテストクラブの組み立てでした(^^ゞ。
正直…まあまあ頭抱えました(笑)が、とりあえず完成です!
この結果がどうでるのか…??
新たな時代になるのか…パーツの進化によって発生した原点回帰なのか…またまた偶然なだけなのか…(* ̄∇ ̄)ノ、気になる点は山のよ~にありますが、私も試してみます!

※今回の仕様につきましては、私自身の考案でも無いので…メッセージでの質問はお控えください。

本日も有難う御座います(`ー´ゞ-☆

ミライゴルフBus-Base

こんな感じでスタートしましたw

菅野さん有難うございました。

 

ひとまず短いクラブのメリットを書いていくと。

写真は7番アイアン。従来の8番と9番の中間くらいの長さ。

 

●単純に同じ番手でもこれまでよりも近く立てる安心感

●短くてアップライトだとダウンブローにボールを取られやすい

特に5番とか6番アイアンくらいの長い番手になったときにこの安心感は良いです。

だって、5番より7番、6番より8番のほうが短いし、構えてても不安が少ないですよね。

そして、短い番手のほうがミスヒットの確率も低いと思います。

●実際に打ってみるとわかりますが飛距離はほとんど変わりません

●むしろ長い番手でミート率が上がると、これまでよりも距離のばらつきが少なくなります

これは、以前の記事でも書いていますがが、番手ごとの飛距離は従来の【長い、かたい、重いい】クラブと変わりませんし、長い番手は従来よりもミート率が上がりそうだし飛距離が意外と伸びるかも(?)なんて思っています。

(参考記事)

2017年3月27日

【短い軽い柔らかい】でこんなにカンタン。新しい規格のクラブを試しています。

2015年3月2日

http://golfandworks.com/blog/shuichi/test-my-new-irons/

どうして短いクラブを作ることになったのか

もともとは、デシャンボー選手のようなワンレングスアイアンから発想を得ています。

これを、池袋のチップゴルフの店長の安達さんと数ヶ月いろんな話をしながらまとめてきました。

その中で、クラブの番手毎の長さの差を1/4インチにすることで長さのバランスがだいぶとれてきました。
ここまで練習やレッスンでお客さんに打ってもらったりしてボクが感じるメリットはひとまずザッとこのくらいでしょうかね。

意外なデメリット(?)

ただ1つ、デメリットがあるとすれば、それは「番手を間違えやすいかも?」ぐらいでしょうか笑。長さの差があまりにも短いのでww

 

 

 

 


【短い軽いやわらかい】の【やわらかい】について書いた記事はコチラ

シャフトが【やわらかい】と、リキみにくかったりスイングにも良い影響が出やすいですね。


 

ボールをよく見る?それっていったい「何に」集中してるんですか?

皆さん「集中」している時ってどんな時ですか?それは好きな本を読んで夢中になっている時や、映画やDVDなどを見ている時が思い浮かぶと思います。

そう、僕らは何かを「見る」時にその対象に対して集中できたり、考えを固定していくことができるのだと思います。

で、ゴルフでボールを打つときのお話。

僕も含めてですが、昔からよく「ボールをよく見ろ。」などとゴルフではよく言われてきました。

その言い伝えを頭から否定するつもりは全くありません。が、ここでちょっと考えてみてください。

僕のこのブログを読んでくれている方々の大半は、すでにゴルフを始めている方はもちろん、長い期間一生懸命ゴルフに取り組んできてある程度ボールを打つ技術が身に付いている方だと思います。

そんな皆さんの練習での目標は、「ボールにクラブヘッドを当てる」ではないですよね。

こーゆースイングをしよう!とかこーゆー弾道のボールを打ちたい!とかが主な目標だと思います。

そうであったとすると、「集中」するべきはボールではなく、自分の体の動きやターゲットに対するイメージだったりするわけですよね。

例えば、自分のスイングの修正を練習でその時にしたいのであれば、いちど自分が意識したいスイングのタイミングのところ(例えば切り返しとか)で止まってみてその場所をじっくり自分のイメージに叩き込んでみ平からまた実際にボールに構えてそのイメージしたところだけを強く意識して実際にスイングをしてみるなどの練習が効果的だと思います。

するとあら不思議笑、だんだんボールをじっくり見る事はおろか、ボールの存在も忘れて自分のスイングの修正したい箇所に集中できるようになってくるのが感じられると思います。

1つの目安としては、じっくりボールを見ている状態から自分の視界の中にボールがぼんやりと入っている位の感覚になってくる事でするかね。

実際に、ボールをあまり凝視しすぎると目の筋肉が硬直して、その状態が首や肩などの筋肉の緊張につながることもあるようです。

ぼんやりとボールを眺める位の状態になってくると、もちろん目の筋肉も緊張しすぎないのでスイングのスタートから終わりまであまり力むようなこともなくなってくると思います。

最近どうもスイングすると力んじゃっんだよなぁ、と言う方はぜひ試してみてくださいね。


☆ちなみにこの記事は、iPhoneの音声入力だけを使って約10分程度で書いてみました笑。音声入力をした後に後で手直しをしてから公開しようと思っていたんですが、すばらしい変換の精度にびっくりです笑。だって、僕のタイピングの速度があまりにも遅いいのに最近気がついてしまい、だったら試しにと思って音声入力のみで書いてみたんですが、ITの進化ってやっぱりすごいですね笑。

ちなみに、このブログのテキストを音読してみたら、3分弱でした笑。キーボードで記事を書くよりも全然早いなぁ。めちゃくちゃ棒読みですが笑。音声が出ちゃうので、クリックするときは気をつけてください。。。

【短い軽い柔らかい】でこんなにカンタン。新しい規格のクラブを試しています。

以前、こんな記事を書きました。

【ゴルフクラブの、『道具』としての進化って何なんだろう】

そんなこんなを、いつもお世話になっている工房のチップゴルフの安達社長とずっと話したりテストしたりしていて、ついに出来上がりました。

SWと5番アイアンで1.25インチ差。

 

 

そう、長さの差が少ないアイアンセット。

これまでの8番アイアンと、このセットの6番が同じくらいの長さになっています。

短かったらカンタンな気がしませんか?

ボールに近く立てるし。短い番手なら誰だってそんなにミスヒットもしませんよね。

ブライソン・デシャンボーのようなワンレングスとまでは行かないまでも、アイアン全体の長さがあまり差がないこのセット、何回も試打してますが長いクラブでも非常に安心です。

今回は、MIRAI GOLFのMK-08を使って組んでもらいました。

バッグに入っていると、長さの差が少ないのがわかりやすいですね。番手を間違えないようにしないとww

 

長い番手が短くなると、飛ばなくなるのでは?などの疑問ももちろん湧くのですが、そこは安達社長と何回も何回もテストを繰り返してきました。

【参考リンク】

チップゴルフさんのブログから

ドライバーの短尺化を受けて短いアイアン考察!三浦技研CB-1008

ドライバーの短尺化を受けて短いアイアン考察!その2/三浦技研CB-2007

そして、短くするにあたって選んだシャフトは、NS-PROの【Zeros7 R2】。

めちゃ柔らかいです、R2。現時点で、普通に購入できるスチールシャフトで一番軽くて一番柔らかいスペックのものを使用です。

この辺のアッセンブルの仕掛けは安達社長もかなり詰めてて、非常に打ちやすく仕上げてもらえました。もう50セットくらいお客さんにもフィッティング&納品をしているらしいのでノウハウはばっちりですね。

PWからだいたい15ヤードピッチになるように、これからロフトやライ角などの調整もしていきますが、今のところの想定は、

PW 50度 115ヤード

9番 45度 130ヤード

8番 40度 145ヤード

7番 35度 160ヤード

6番 30度 175ヤード

5番 25度 190ヤード

くらいを一応想定して調整予定です。

まー、でも、5番アイアンで190ヤードを打とうとするよりも、UTを入れたほうが距離も出しやすいし安心感があるかもなとも思っていますが。その辺はまた今後考えながらやっていきたいですね。

近い将来は、

ウッド1本、フェアウェイウッド1本、UT1本、アイアンは5-PWもしくは6-PW、SW、PTの10本か11本でプレーできたら、バッグも軽いしクラブ選択で悩まないしw、良いんじゃないかなーとも思ったりしています。

300ヤードも飛ばすプレーヤーならともかく、ボクみたいに260-270ヤードのプレーヤーなら14本もいらないんじゃないかとw ボクがドライバーの飛距離が220ヤードくらいだったらクラブは7本くらいで事足りるんじゃないかと思ってます。14本使っていいって言われちゃうから、ついたくさん入れちゃってコースで悩んじゃうんですよねw

ドライバーやウッドも現在いろいろと思案しながら試打したりしていますが、現時点で落ち着きそうなところは、42インチくらいです。シャフトもかなり柔らかいし軽いです。一般的な女性向けのスペックよりも軽く柔らかいですね。長さも、42インチだと一般的な女性向けのものよりも短い?ですかね。

一般的な女性向けのドライバーとの比較1。み、短い。
一般的な女性向けのドライバーとの比較2。

試打してみたデータはコチラ。

キャリー257ヤードの、トータル277ヤード。

と、まあ、今までの【長い重い固い】と比べても、遜色ないどころか同じくらいの飛距離が出ているならラクに振れるほうが疲れないしゴルフも楽しいかなと。

こういうスペックのクラブで練習すると学べるものも多く、レッスンでも効果を実感してもらってることが多い今日このごろ。

どんなことをレッスンでお話しているかは、またコレ以降の記事で〜〜〜。

 

【Japan Golf Fair 2017】行ってきました。見てきたものまとめ。

先日、横浜のパシフィコ横浜で行われていた【Japan Golf Fair 2017】。


これまでの東京ビッグサイトの時と比べると、あまりどでかいブースもなく通路がゆったりとしていて歩きやすかった印象。派手なブースがたくさんあるとそれはそれで盛り上がってる感はありますが見て回るにはちょっと??だったので個人的にはグッドでしたね。

プレ男(プレメン)レッスンでお世話になるゴルフネットワークさんもブースを出されていました。

色々と見て回ったのですが、特にじっくり見させてもらったのは3つ。

 


【SWING CATALYST】

これは、スイング画像&重心移動の様子&クラブの動きや球筋の数字などなどを全部ひとまとめに管理できるソフト。

基本的にはスイングを撮影して保存しておくものだけど、弾道計測器や重心移動のわかるプレートなどを別途もってるコーチにとっては、すべてのデータをひとまとめにしておけるので非常に便利。

しかも、弾道計測器のデータで例えば、『スピン量が3000回転以下だったやつ』とか、『230ヤード以上の飛距離だったやつ』とかで検索できちゃう。これって、今まではできそうでできなかったんですよね。

これはものすごい便利だな〜と思って見てきちゃいました。

TRACKMAN,FLIGHT SCOPE,GC2,GC QUADはサポートしてるって言ってたかな?最近は廉価で色々な弾道計測器も出ていますが、このあたりのメジャーな機種だけでもサポートしていれば十分ですよね。SWING CATALYSTはヨーロッパのメーカーなんで、『ボクはGC2ユーザーです』って言ったら、『TRACKMANじゃないのかw』なんてジョーク言われましたがw

セールスマネージャーのTimさんと。『ありがとう』しか日本語は話せなかったwまー、しゃーないですわね。

【FORESIGHT SPORTS】

そう、GC2のメーカーです。今回5年ぶりに新機種【GC QUAD】が発表されたんで、しっかり見てきました。

これまでは、GC2はボールデータでHMTでクラブのデータと分かれていたのが、一つの機種で両方ともカバーできるようになってました。しかも液晶が見やすくなってたしー。いいなー。

だいぶ見やすい液晶に。無線がbluetoothに加えてwifiも使えるようになってましたね。
この白い棒をおくと、向きのズレを6°までは自動で補正するみたい。

で、横方向の補正に加えて、高さ(傾斜)の補正も。左足下がりや左足上がりの斜面でもちゃんと補正するようです。これでコースでも随分使いやすくなりましたね。バッテリーもリチウムイオンのバッテリーになって(しかも取り外し可)、軽くもなったし電池持ちも向上したようです。なんだったら高度計もついているみたいでしたwこれで、標高1000メートルのところにいっても、通常気圧の場合の距離もわかりますよ(そんな機会なかなかなさそうですが、って言われましたがw)

TRACKMANやFLIGHT SCOPEのようなレーダー式ではない、カメラ式の計測器では間違いなく一番だとおもうGC2が性能もポータビリティーもかなりアップしたGC QUAD。

かなりオススメですね。こういうのを持ち歩くコーチが増えるといいな。

日本の代理店の田中代表と。GC2を導入した5年前からずっとお世話になっています^^

 


【MIRAI GOLF】


2015年からアドバイザースタッフとしてお世話になっているMIRAI GOLFさん。

今回は新しいドライバーとアイアンが出展されてました。




ソールのトウ側とヒール側にそれぞれ数字が入ってるの見えますか?これがその箇所のバンス角なんですね。シブいなーーー!

まだこの新作は打ってないのですが、打ったらまたレポートします。

あ、ドライバーの写真を撮るのを忘れてたよ。。。

しかも、社長と専務とも撮り忘れた。。。社長はあまり会えないので撮りたかったのにぃ。。